オープンキャンパス

2019年8月のオープンキャンパス

8月のオープンキャンパスを開催しました。お盆明けの暑い日でしたが、昨年並みの参加がありました。
次回は9月8日(日)に開催します。

平台

主页

午前は「小学校の先生になった先輩の話をきいてみよう」と題して、卒業生の田中大貴先生にお話をしていただきました。大学生活で楽しみながら経験してきたことが「先生」の仕事にも生きていることをユーモアたっぷりに語ってくださいました。午後からは「特別支援のお話」と4年生による「模擬保育」。「模擬保育」では手遊びを使った導入、簡単な「自己紹介ゲーム」で、高校生のみなさんの笑顔が広がりました。
体験コーナーは「スライムづくり体験」。お気に入りの色を選んで、ワクワクしながらつくっている間も自然と笑顔がこぼれていました。その後の相談コーナーでは、毎回進路の悩みやAO入試をはじめとする入試についての相談、ピアノの体験レッスンも実施しました。

  • 小学校の先生の魅力
  • 特別ではない特別支援のお話
  • 4年生による手遊び
  • 4年生による自己紹介ゲーム
  • 「自己紹介ゲーム」は笑顔がいっぱい
  • 大活躍の学生スタッフ

[参加者の声]

  • いま小学校の先生をやっておられる卒業生さんがとても明るく楽しくお話してくださいました。模擬保育のリズムに合わせて仲間を伝え合うゲームで他校の人と交流できてよかったです。
  • 先輩たちがとても優しく、笑顔が素敵でした。スライムづくり体験がなつかしく、とても楽しかったです。
  • 大学の雰囲気がとてもよくて、主页に進学したいと思いました。AO入試がんばります。
  • 学生さんの司会進行、緊張されていたと思いますが、がんばっている姿がよかったです。とてもあたたかな雰囲気の中で説明や紹介が行われていて、話も聞きやすかったです。(保護者)
  • とてもよい話が聞けました。この大学に来たら楽しく勉強ができそうだなと思いました。(保護者)

开奖

主页と音楽学科合同の全体会の進行は、鈴木嶺さん(主页2年/広島県瀬戸内高等学校出身)が担当しました。学食無料体験も好評でした。

  • 学芸学部全体会
  • 進行は主页2年生
  • AO入試一次面談
  • 学食無料体験
  • 入試相談コーナー
  • 小論文試験対策講座

平台

オープニングの学生による演奏はソプラノ独唱でドニゼッティ作曲の「さようなら」、ピアノ独奏でドビュッシー作曲の「花火」を演奏し、日ごろの学びの成果を発表し「とてもきれいな歌声でした」「ピアノがすごかった」と感想をいただくなど、とても好評でした。
午前中の説明では実践力・就職力を身につけるための授業で4年連続100%の就職実績を残していることをご紹介しました。また音楽療法では癌の末期患者の方への音楽療法の様子を動画で紹介し、音楽が社会でどのように役立てられているのかをお伝えしました。
夢を叶えた卒業生によるお話では広島県警察音楽隊で、サクソフォン奏者・カラーガードとし活躍している卒業生が、大学生活の思い出や音楽を仕事にすることの喜びについてお話しました。学生によるキャンパスライフの紹介では、お薦めの授業や色々な演奏活動の様子について自作のスライドを使って紹介しました。午後からの体験レッスンや、音楽がもっと楽しくなる基礎講座なども好評でした。
(ソプラノ独唱)
 山田 智未 さん(ソプラノ/1年生/広島県立広島商業高等学校出身)
 矢野 友季子 さん(ピアノ伴奏/1年生/広島県立大門高等学校出身)
(ピアノ独奏)
 進藤 すず さん(ピアノ/4年生/広島県・呉青山高等学校出身)
(卒業生の話)
 加藤 瞳 さん(サクソフォン専攻/2017年3月卒業/広島県立安芸府中高等学校出身)
(キャンパスライフ紹介)
 齊田 美緒 さん(ホルン専攻/4年生/広島音楽高等学校出身)

  • 美しいソプラノ独唱
  • ピアノ独奏で参加者を魅了
  • 音楽隊に就職した卒業生
  • キャンパスライフの紹介
  • ドラムス体験レッスン
  • サクソフォン体験レッスン

[参加者の声]

  • 音楽隊の卒業生の話がとても良い話だと思いました。
  • 説明を聞いていると入学できた時の自分の生活を想像できて楽しかったです。
  • 平台士の仕事内容が動画で見られてよかったです。
  • レッスンでロングトーンの伸ばし方などとても丁寧に教えてくださり、大切なのがよくわかりました。
  • 音楽を学ぶだけでなく、人との向き合い方など様々な学びができてよいと思いました。(保護者)
  • 卒業生や在学生の生の声は非常に参考になりました。(保護者)

开奖

主页と音楽学科合同の全体会の進行は、鈴木嶺さん(主页2年/広島県瀬戸内高等学校出身)が担当しました。学食無料体験も好評でした。

  • 学芸学部全体会
  • 進行は主页2年生
  • AO入試一次面談
  • 学食無料体験
  • 入試相談コーナー
  • 小論文試験対策講座

官网

今回も看護師や保健師等の医療職を目指す学生主体でのオープンキャンパスとして、各体験講座やコース説明など、随所に学生による説明や実践を見てもらうことで、将来の自分や大学での学びをイメージしてもらうことができました。
基礎看護学領域ではバイタルサイン測定(血圧測定や脈拍測定)の体験してもらい、成人看護学領域ではストーマ(人工肛門)についての説明及び実際のストーマパウチで排泄物の処理体験をしてもらいました。母性小児看護学領域では新生児の沐浴を実践してもらい、保健師及び養護教諭コースでは保健師や養護教諭のコースでの学習や将来の仕事内容についての説明などを行いました。学生主体の体験講座運営で、本学での学びの内容、学ぶ学生の姿を見てもらい、入学後の自分をイメージできたのではないでしょうか。

  • 全体会で学生生活を紹介
  • キャンパスツアー
  • 基礎看護学領域「生きている証」
  • 母性・小児看護学領域「赤ちゃんの沐浴」
  • 成人看護学領域「ストーマケア」
  • 教員との交流

[参加者の声]

  • 初めての参加したが、大学の雰囲気はとても楽しそうだったし、学生がとても優しくてわからないことも教えてくださってとても助かりました。
  • こんなに学生さんや先生方と話せたのはこの大学が初めてです。認知症カフェ体験で高齢者さんたちと話ができ、とても楽しい時間でした。
  • 平台をとても詳しく知ることができました。大学生活などはスライドショーがあってとてもわかりやすかったです。
  • イメージしていた以上に大学生活が楽しそうで安心しました。先輩にも学生と教員の距離が近くて過ごしやすい大学だと説明を受けました。入学したいという気持ちが高まり、来てよかったと思います。

下载

7月に続いて今回も郷原キャンパスで開催しました。本学強化指定クラブのダンス部によるオープニングアクトから始まり、初回参加者には学部学科説明を、2回以上の参加者には各コースの講座(試合で使えるスポーツ栄養学/アダプテッド・スポーツとは)を行いました。強化指定クラブの見学・体験会では、天候に恵まれ、先月実現できなかった屋外競技のクラブも実施することができました。希望者にはトレーニングジムやダンススタジオなどの施設見学に参加していただきました。
食堂で在学生とランチ交流会をした後は、初回参加者に各コースの講座を、2回目以上の参加者には入試(AO・推薦)ワンポイント講座を行いました。その他、アダプテッド・スポーツ体験コーナー(HBGはなまるキッズ/ボッチャ)やなんでも相談コーナーにも多くの方が参加してくださいました。

  • ダンス部がオープニングアクト
  • 強化指定クラブ見学・体験会
  • トレーニングジムの見学
  • なんでも相談コーナー
  • アダプテッド・スポーツの解説
  • HBGはなまるキッズの体験

[参加者の声]

  • この大学ではいろんな資格も取れて、部活にも集中できるところにとても魅力を感じました。
  • 設備がとても整っていて、とても感激しました。受験したい気持ちが高くなりました。
  • 学生さんが生き生きされていることと、先生方や職員さんがとても親切で丁寧に対応してくださるので、安心して参加することができました。施設も整っているので、4年間お世話になれたら嬉しいです。(保護者)

コミュニティ生活学科

メイン企画のその1「学生によるヘアメイク実演」では、「メイクアップ演習」の授業で取り組んだヘアメイク作品(「浴衣女子」「ガーデンウエディング」「キャビンアテンダント」)を実演で紹介しました。その2「ブライダル業界のプロが語る流行のウエディング」では、神戸・大阪で司会業をされている廣澤特別講師より、料理長(実はオペラ歌手)が突然歌い出す結婚式の動画など、流行のブライダルについて楽しく紹介していただきました。
2年生がネイリストとなった「ネイル体験」や「オリジナルアクセサリー作り体験」も盛況でした。

  • 学科の特色を説明
  • 学生によるヘアメイク実演
  • 3つのテーマで完成
  • 現役プランナーによる最新情報
  • オリジナルアクセサリー作り体験
  • ネイルアート体験

[参加者の声]

  • 先生が一生懸命話してくださったので、入学したい気持ちが強くなりました。
  • 毎回異なる実演を見ることができて実践的な学科だということがわかりました。
  • 2年間でたくさんのことが学べていろんな分野の勉強ができるのはいいなと思いました。
  • 学生さんから入学した後の進路変更やいろんな話を聞けたのでとても参考になりました。私もこの学科でたくさんのことを学んで人を笑顔にできる仕事につきたいと思います。
  • 子ども自身が興味を持てることがすべて授業の中に取り入れられているように感じました。本人が好きなことを学ぶことが一番大切だと思います。(保護者)
  • どれも生活する上で役に立つものばかりで魅力を感じました。卒業生もみなさんいろいろな方面で活躍されていて、文化学園の良さが伝わってきました。(保護者)

平台共通

全体説明会開始前には1年生がウェルカム演奏を行い、参加者から大きな拍手をいただきました。
全体説明会の進行も1年生が担当し、学生と教員のかけあいによる学科の教育内容、入試、奨学金の説明も好評でした。また午後からはAO入試の一次面談も行われました。
(ウェルカム演奏)「chacha/大瀬戸千嶋」
 滝本 春佳 さん(電子ピアノ/保育学科1年/広島県立向原高等学校出身)
(進行)
 馬野 七海 さん(コミュニティ生活学科1年/広島県立海田高等学校出身)
【馬野さんのあいさつより】(一部抜粋)
私はこの短大をAO入試で受験しました。ちょうど1年前のオープンキャンパスに来て一次面談を受けたのですが、その時に「二次面談ではリラックスして自分の思いをしっかり伝えてください」とのアドバイスをもらいました。AO入試は会話をするような感じで行われるので、アドバイスどおりリラックスして臨めました。AO入試は学びたいという意欲を評価してもらえるので、おすすめです。

  • ウェルカム演奏
  • 全体会の進行役
  • 学生と教員のかけあいが好評
  • AO入試一次面談受付
  • 学食無料体験
  • 入試相談コーナー

平台学科

午前のメイン企画は「栄養士の魅力を解説」。実務を経験した教員が、栄養士のやりがいを解説し栄養士の調理現場を再現しました。次に栄養士の調理を在学生が調理デモンストレーションで実演。デモンストレーションの中で栄養士をめざす在学生が成長した姿を参加者の前で見せてくれました。
午後は「3色スムージー」作りを体験していただきました。先輩たちとの懇談では、なごやかな雰囲気の中で会話を楽しみました。AO入試や推薦入試に関する大切な情報も聞くことができ、少し涼しくなってきた夏休みのおわりに充実したオープンキャンパスを過ごすことができました。

  • 自分の成長を語る学生
  • 栄養士の魅力を教員から解説
  • 調理デモンストレーション
  • 3色スムージー作り体験
  • おいしく出来上がり
  • 在学生と楽しい懇談

[参加者の声]

  • 親切な方ばかりで安心しました。受験の意志は固まっています。調理実習でしっかり学びたいです。
  • 先生との距離がとても近くて楽しそうでした。学生さんの話を聞けてとてもためになりました。
  • 栄養士の仕事がどんなことをするのかがよくわかりました。この大学に入学し栄養士の資格を取得したいと思います。
  • 実際の現場で活躍されている管理栄養士、栄養士さんから現場での話を聞けることがとてもよかったです。
  • 学習内容、栄養士という仕事内容、わかりやすく説明していただき、本人の目指すものがより身近に感じられました。(保護者)
  • 先生方と学生さんとの距離がかなり近そうで、フォローをしていただけそうで安心です。実習も大変そうですが、学生生活が充実するのではと期待します。(保護者)

平台共通

全体説明会開始前には1年生がウェルカム演奏を行い、参加者から大きな拍手をいただきました。
全体説明会の進行も1年生が担当し、学生と教員のかけあいによる学科の教育内容、入試、奨学金の説明も好評でした。また午後からはAO入試の一次面談も行われました。
(ウェルカム演奏)「chacha/大瀬戸千嶋」
 滝本 春佳 さん(電子ピアノ/保育学科1年/広島県立向原高等学校出身)
(進行)
 馬野 七海 さん(コミュニティ生活学科1年/広島県立海田高等学校出身)
【馬野さんのあいさつより】(一部抜粋)
私はこの短大をAO入試で受験しました。ちょうど1年前のオープンキャンパスに来て一次面談を受けたのですが、その時に「二次面談ではリラックスして自分の思いをしっかり伝えてください」とのアドバイスをもらいました。AO入試は会話をするような感じで行われるので、アドバイスどおりリラックスして臨めました。AO入試は学びたいという意欲を評価してもらえるので、おすすめです。

  • ウェルカム演奏
  • 全体会の進行役
  • 学生と教員のかけあいが好評
  • AO入試一次面談受付
  • 学食無料体験
  • 入試相談コーナー

保育学科

今回のテーマは「子どもの体と心の健康」。「○○があれば子どもはすくすく大きくなります!」では子育て・保育の基本である「愛情」について、「子どもの食生活の大切さ」では規則正しく栄養バランスの取れた食生活について、「子どもの健康と遊びの関わり」では遊びの効用と現代の子どもの遊びの実態について、それぞれその大切さなどをお話ししました。また卒業生の話では、保育園や認定こども園で働いている卒業生が保育士のやりがいや楽しいエピソードを話してくれました。
ピアノ公開レッスン(2年生)の曲目は「思い出のアルバム」。配布された楽譜を見ながら教員のアドバイスを聞いていました。学生によるパフォーマンス「ミッキーマウスマーチ」では、ダンスと幼児体育の授業でしたけん玉も披露しました。
造形表現コーナーでは、糸を左右に引っ張るとスルスルと昇っていくおもちゃ作りを体験。社会福祉コーナーでは「身近なユニバーサルデザイン」と題して、障害者や高齢者用として開発された商品を見てもらいました。食育コーナーでは、自分たちで野菜を選びお好み焼きを焼きました。
ピアノ相談コーナーでは、AO入試の選曲方法や、どのように練習したらいいかなどの相談や、実際にレッスンも行いました。

  • 「子どもの体と心の健康」
  • 卒業生の話
  • ピアノ公開レッスン
  • 「ミッキーマウスマーチ」
  • つくって遊ぼう!
  • なんでも相談「ほいくカフェ」

[参加者の声]

  • 卒業生の方の話は保育士になりたいと思うことができたし、ここに入りたいと思うことができました。
  • ピアノは初心者ですが、個人レッスンをしてくれると聞き安心しました。ピアノの演奏もとてもすごかったです。
  • 先生と学生さんの仲が良く、距離も近いと思ったので、相談もしやすいなと思いました。
  • 学生さんがずっと笑顔でいいなと思いました。この大学に行きたいと思いました。
  • ミニ講義は聞き入るくらいお話が上手でした。就職率が高いところが魅力です。(保護者)
  • 先生と学生さんの対応が笑顔で感じが良かったです。「人に笑顔を自分に笑顔を」が感じられます。(保護者)
  • 中学の頃から保育士になりたいわが子の夢を叶えてくれそうな大学だなと感じました。(保護者)

平台共通

全体説明会開始前には1年生がウェルカム演奏を行い、参加者から大きな拍手をいただきました。
全体説明会の進行も1年生が担当し、学生と教員のかけあいによる学科の教育内容、入試、奨学金の説明も好評でした。また午後からはAO入試の一次面談も行われました。
(ウェルカム演奏)「chacha/大瀬戸千嶋」
 滝本 春佳 さん(電子ピアノ/保育学科1年/広島県立向原高等学校出身)
(進行)
 馬野 七海 さん(コミュニティ生活学科1年/広島県立海田高等学校出身)
【馬野さんのあいさつより】(一部抜粋)
私はこの短大をAO入試で受験しました。ちょうど1年前のオープンキャンパスに来て一次面談を受けたのですが、その時に「二次面談ではリラックスして自分の思いをしっかり伝えてください」とのアドバイスをもらいました。AO入試は会話をするような感じで行われるので、アドバイスどおりリラックスして臨めました。AO入試は学びたいという意欲を評価してもらえるので、おすすめです。

  • ウェルカム演奏
  • 全体会の進行役
  • 学生と教員のかけあいが好評
  • AO入試一次面談受付
  • 学食無料体験
  • 入試相談コーナー